トップ技術・工法地盤改良工事 →スリーブ注入工法
適用
細粒地盤、粗粒地盤、複層地盤、岩盤。
  • 注入深度の深いかなり間隙の小さい砂層の浸透注入。
  • 土層が複雑で透水係数の異なる土層がこまかく成層しているような場合の注入浸透。
  • 止水性土留工の開口部の止水注入のように、少量の注入本数、注入量で完全な効果を要求されるような場合の注入。
  • 立坑や深礎の周辺止水のように、集中する高い水圧に対して完全な注入止水壁を要求されるような場合。
  • 鉄道、高速道路の横断部注入のように、高度な注入コントロールを必要とする場合の注入。
特長
  • 注入用外管外周はシール材にてパックされるため、注入材は注入箇所に確実に浸透します。
  • グラウト注入行程とボーリング行程が完全に分離されているので作業の合理化と的確な注入管理ができます。
  • 対象地盤はほぼ全域カバーしますが、粗粒硬質未固結地盤とクラッキーな岩盤のような他工法が適合しない領域で最も威力を発揮します。
  • 粘性土など細粒地盤に適応する円盤状流線面方式、レキ層など粗粒地盤に適応する広角放射流線方式があります。
  • ゲルタイムの長い注入材を低吐出で送ることができ、微細砂層にも確実な浸透注入ができます。
  • 異なる複層の地盤に対しては、それぞれに適した注入材を段階的に注入する複合注入により均質な地盤に改良します。
  • フィードバック機能を持ったグラウト注入管理システムにより的確な注入が可能です。
スリーブ注入工法のメカニズム
資料提供:日特建設(株)
管路メンテナンス
地盤改良工事
斜面・法面防災
漏水検知
その他
分野別工法一覧
関連団体
日本スリーブ注入協会
TEL 03-3542-9191
FAX 03-3542-9117