トップ技術・工法地盤改良工事 →クロスジェット工法
適用
  • 推進・シールド発進到達防護
  • シールド工事の地中接合部防護
  • 既設タンクの液状化対策
  • シールド路線防護
  • 構造物基礎強化
特長
  正確性
切削噴流を勢いがおとろえる前に能力のあるところで交差させて、衝突点で切削エネルギーを相殺するため、衝突点より遠くでは地盤は切削されません。正確な切削が行え、未改良の部分がなくなります。

高品質
2本の高圧のジェット噴流が交差するので、非常に細かい単位で土が切削されます。従来方法と比較すると、粘性土質の場合において特に顕著な効果が認められます。

高能率
切削噴流を2本にするので、施工速度がアップ。工期の短縮とコストの低減につながります。

好環境
硬化材の吐出口は、切削噴流に硬化材が混じらないように充分下部に配置してありますが、吐出した硬化材がすぐに固結する材料(シキソスラリー)を用いているため、 スライムとして地上に出てくるおそれが非常に少なくなっています。(開発中)
クロスジェット造成体
資料提供:ケミカルグラウト(株)
管路メンテナンス
地盤改良工事
斜面・法面防災
漏水検知
その他
分野別工法一覧
関連団体
クロスジェット協会
TEL 03-3796-5877
FAX 03-3475-1545