トップ技術・工法斜面防災・アンカー工法→パワーネット

パワーネット

高強度ネット斜面安定工 NETIS No. KT-080009-A

耐久性に優れた高強度ネットにより岩盤を含めた自然斜面の表層部を安定化する工法

素線強度1770N/mm2を誇る高強度ネットとネイル(異形棒鋼)を組合せた、最新の斜面安定工法です。高強度ネットの力学的特性を十分に発揮させることにより、安全でかつ短い工期で斜面安定を図ることができます。

NETIS掲載時参考資料
特長
不安定な斜面表層など、全体を高強度ネットで覆い、ネイルで固定する構造です。
高強度ネットには、強度と屈撓性(くっとうせい)を持ち、ワイヤ構造の異なるTECCOネットと、SPIDER S4ネットの二種類があります。
二種類の高強度ネットを斜面表層の地質や凹凸などの状況に応じて選択し、多様な斜面に対応することができます。
構造
高強度ネット
TECCO のネット単体の引張強度は150kN/mを誇り、それはひし形金網の約3〜4倍に相当します。
ねじり加工により、メッシュ端部の引張強度は低減しません。
 
     
T3クリップ(ネット接続金具)
高強度ネット同士を繋ぎとめる際に使用します。
 
     
スパイクプレート
プレート背面に突起した爪により、斜面の形状、土砂や岩盤を問わず確実に高強度ネットを地山に密着させます。
 
 
 
高強度ネットの選択
斜面安定機能  
締付け力を与えることによる斜面表層不安定層の支圧。
斜面表層すべりに対しネット耐力による抵抗またはネイルのせん断力による抵抗。
斜面全体を覆う高強度ネットの抵抗力による、ネイル間の中抜けすべりの防止。
 
■締付け力とは
スパイクプレートを介して高強度ネットを強く斜面へ押し付ける力で、斜面表層の不安定層を支圧しるとともに、すべり面の垂直応力を増し、不安定層のすべり抵抗がさらに増す効果を期待します。
 
設計コンセプト  
パワーネット工法の設計は、(1)表層すべり、(2)中抜け(局部崩壊)それぞれに対する検討を行い、ネイル間隔や仕様を決定します。
表層すべりに対する検討モデル 中抜け(局部崩壊)に対する検討モデル
パワーネット工法による斜面安定の考え方
耐久性
スパイクプレート、クロー等には溶融亜鉛めっきが施されており、ロープ類には標準で、亜鉛アルミ合金めっきであるスーパーコーティングが施されております。
高強度ネットのTECCOネットにはスーパーコーティングに加え、さらにPETコーティング(飽和ポリエステル粉体塗装)が施してあり、海岸等の過酷な腐食環境においても、長期的な耐久性を有しております。
SPIDER S4ネットは、素線径が4mmと太く、一般のワイヤロープと比較するとめっき量を多くできます。また、亜鉛アルミ合金めっきを施しているため、防食性はさらに優れます。
 
パワーネット工法による斜面安定の考え方
管路メンテナンス
地盤改良工事
斜面・法面防災
漏水検知
その他
分野別工法一覧
関連団体
エコ・パワーネット工法会
TEL 03-5366-9838
FAX 03-5367-5066