トップ技術・工法斜面・法面防災→TXI落石防護柵

TXI落石防護柵

エネルギー吸収型落石防護工 NETIS No. HR-990001-V

最大吸収エネルギー100kJ

リングネット落石防護柵シリーズの最小タイプ

TXI落石防護柵(TXI-010)は、従来型の落石防護柵から大きく進化し、最大100kJまでの落石運動エネルギーを、高強度のTECCOネットとリプレイスロープに装着されたブレーキリングにより効率よく吸収する新世代の落石防護柵で、リングネット落石防護柵シリーズの最小タイプです。

NETIS掲載時参考資料
適用
■対応可能な落石エネルギー
●最大吸収エネルギー 100kJ
特長
  • 脱着しやすいリプレイスロープの採用によりメンテナンス性を高めました。
  • 防護柵性能は、システム化された性能証明試験(実物大実験)で検証しました。
  • 擁壁上の設置では、従来の落石防護柵より、落石捕捉性能で優れています。
  • 斜面中腹の設置では、従来の山腹λ型防護柵より、落石捕捉性能と経済性に優れています。
  • 落石捕捉後の部材変形は小さく、維持管理費をほとんど必要としません。
構成図
     

リプレイスロープ拡大写真

落石捕捉事例
       
     
       
管路メンテナンス
地盤改良工事
斜面・法面防災
漏水検知
その他
分野別工法一覧
関連団体
柔構造物工法研究会
TEL 03-3355-4837
FAX 03-3355-1532