部分更生/部分補修

FRP内面補強工法(熱硬化・光硬化)

概 要
FRP内面補強工法(光硬化)は、下水道管路に生じた段差、管すれ、ジョイントずれ、クラック等を部分的に補修する工法です。
補修材を施工機に装着させ、至近の既設マンホールから投入し、目的の不良箇所に移送します。
続いて管壁面に補修材を加圧密着させ、施工機に内蔵したヒーターまたは紫外線ランプの照射で熱硬化・光硬化させることにより、高強度のFRP管を形成する工法です。

用 途
  • 老朽化・破損した下水道、農業用水、工業用水管などの長寿命化
  • 1スパン全体を対象とせず、部分的に修繕を行いたい場合
  • 健全部と老朽部の違いを管理できている場合
  • 可能な限り費用を安価に抑えたい場合
特 徴
  • 補修する目的により、補修材料を選択することができます。
    標準(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・更生管対応一体型)
  • ビニルエステル樹脂・耐酸性ガラス繊維の使用により、優れた耐食性・耐薬品性・耐ストレインコロージョン性を有します。
  • 補修材は、日本下水道事業団の防食D種の品質規格適合材です。
  • 外水圧、内水圧に耐える強度を有します。
  • 下水道管用硬質塩化ビニル管と同等の耐摩耗性能を有します。
  • 管渠の流下能力を損ないません。
  • 補修材料は、本管更生(50年仕様)と同等以上の高強度で耐久性に優れた材料です。
  • 施工装置はコンパクトで、1箇所あたりの施工時間が短く経済的です。

page top▲

部分更生/部分改築

部分改築工法

概 要
下水道管きょの老朽化対策として(公財)日本下水道新技術機構と共同開発した、長期耐久性を確保する新規の修繕工法です。 スパンの一部のみの損傷事例が多い経年管において、劣化箇所のみを局所的に改築し、老朽化対策を効率的に行います。

用 途
  • 老朽化や破損した下水管渠の再構築や長寿命化(φ200 ~ 600)
  • 老朽部の止水性の向上
  • 耐震性の向上
特 徴
  • 長期性能試験で20年間の止水性能を検証済みです。
  • 地震や地盤変動による管路変状(曲げ・たわみ)に対する追随性を確保します。
  • ヒューム管1本分という部分的な施工が可能です。

page top▲