耐震補強/高圧噴射攪拌工

JSG 工法

概 要
JSG 工法は回転する二重管ロッドから空気を伴った超高圧硬化材液を横方向に噴射することで地盤を切削し、スライムを地表に排出させると同時に円柱状の改良体を造成する工法です。

用 途
  • 掘削時の底盤改良・先行地中梁
  • 新設道路の沈下防止
  • シールド発進到達防護
  • トンネルの補強
  • 土留工の歯抜け部分の止水強化
特 徴
  • 施工深度25m以浅や比較的ゆるい地盤に適しています。
  • 小さな削孔径で最大2.0mの改良径が期待できます。
  • 土留壁や構造物との密着性に優れています。
  • 作業設備がコンパクトであり、作業性に優れています。
  • セメント系の硬化材を使用するため耐久性に優れています。
◆施工手順
  • ①据付

    JSG マシンを所定の施工位置に据え付ける。

  • ②削孔

    地質条件に応じたロッド回転とストローク速度で計画深度まで削孔する。

  • ③噴射テスト工

    削孔後、スチールポール投入、回転速度、引き上げ時間を設定し、噴射テストする。

  • ④JSG 施工

    所定の引き上げ時間及びノズルの回転によりパイルを造成する。

  • ⑤ロッド引き抜き洗浄

    造成完了後、二重管ロッドを地上まで引き抜き、管内を清水により洗浄する。

page top▲

CJG 工法

概 要
CJG 工法は回転する三重管ロッドから空気を伴った超高圧水を横方向に噴射することで地盤を切削するとともに硬化材を充填し、スライムを地表に排出させると同時に円柱状の改良体を造成する工法。

用 途
  • 掘削時の底盤改良・先行地中梁
  • 新設道路の沈下防止
  • シールド発進到達防護
  • トンネルの補強
  • 土留工の歯抜け部分の止水強化
特 徴
  • 施工深度25m以上にも対応し、幅広い土質に適用することができます。
  • 小さな削孔径で最大2.0mの改良径が期待できます。
  • 土留壁や構造物との密着性に優れています。
  • 作業設備がコンパクトであり、作業性に優れています。
  • セメント系の硬化材を使用するため耐久性に優れています。
◆施工手順
  • ①ガイドホール設置工
  • ②三重管建込み
  • ③ケーシングパイプ引き抜き

    ※状況によりケーシングパイプを残す

  • ④コラムジェット施工

    (三重管回転引き上げ)

  • ⑤コラム施工完了

    (三重管回転引き抜き)

page top▲

X-JET 工法

概 要
X-JET工法は回転する三重管ロッドから空気を伴った超高圧水を横方向に交差噴射することで地盤を切削するとともに硬化材を充填し、スライムを地表に排出させると同時に一定径の円柱改良体を造成する工法です。

用 途
  • 掘削時の底盤改良・先行地中梁
  • 新設道路の沈下防止
  • シールド発進到達防護
  • トンネルの補強
  • 土留工の歯抜け部分の止水強化
  • 液状化対策
特 徴
  • どんな土に対しても一定の円柱径が期待できます。
  • 施工目的、施工条件に適合できるようφ1.5m、φ2.0m、φ2.5mの3タイプを設定。
  • 土留壁や構造物との密着性に優れています。
  • 2本の交差噴流で切削するため、混合撹拌に優れ高品質の改良体が造成可能。
  • セメント系の硬化材を使用するため耐久性に優れています。
◆施工手順
  • ①ガイドホール設置工

    ※深度40m 以上の場合、孔内傾斜測定工を実施する。

  • ②三重管建込み
  • ③ケーシングパイプ引き抜き

    ※状況によりケーシングパイプを残す

  • ④造成
  • ⑤穴埋め三重管回収

page top▲

SUPERJET 工法

概 要
SUPERJET工法は回転する二重管ロッドから空気を伴った超高圧固化材を水平対向噴射することで地盤を切削し、スライムを地表に排出させると同時に大口径の円柱改良体を造成する工法です。

用 途
  • 掘削時の底盤改良・先行地中梁
  • 新設道路の沈下防止
  • シールド発進到達防護
  • トンネルの補強
  • 土留工の歯抜け部分の止水強化
  • 液状化対策
特 徴
  • 幅広い土質に対応が可能です。
  • 施工目的、施工条件に適合できるよう最大有効径φ2.5m、φ3.5m、φ5.0m、φ6.0mの4タイプを設定できます。
  • 土留壁や構造物との密着性に優れています。
  • 強大なエネルギーを利用することにより高速施工を実現します。
  • セメント系の硬化材を使用するため耐久性に優れています。
  • 1回転することで同一箇所を2回切削するため、良好な撹拌混合ができ高品質な改良体を造成することができます。
◆施工手順
  • ①ガイドホール設置工

    所定深度まで削孔

  • ②SUPERJET 設置

    ロッド建込み、超高圧ジェットの噴射、モニターの回転

  • ③モニターの引き上げ

    ②の状態を保ちつつ、モニターの引き上げ、スライムの排出

page top▲