マンホール耐震対策

安心マンホールVD工法

概 要
安心マンホールVD工法は、ドレーン(Drain)機能と起振(Vibration)機能により、液状化現象によるマンホール浮上を抑制する工法です。
ろ過器及び過剰間隙水圧消散装置を取り付けたドレーンを人孔の低盤に設置後、起振機をマンホール内部に固定し、マンホール躯体を振動させて周辺地盤を締め固めることにより浮上抵抗力の増強をはかります。

用 途
  • 既設マンホールの耐震化
特 徴
  • 非開削:地下水や土砂を引き込むことなく、マンホール内からマンホール底部を削孔し、ろ過器の設置が可能です。
  • メンテナンスフリー:液状化により発生する浮力に対して、マンホールの底部から水を取り込むことにより、最も効率よく過剰間隙水圧を抑制します。
    余震で過剰間隙水圧が発生してもメンテナンスフリーのため安心です。
  • 起震による地盤改良:マンホール本体を振動させ、周辺地盤を締め固めることにより地盤改良を図ります。

page top▲

マグマロック工法 マンホール用(φ900 ~φ1800)

概 要
耐震性を有しないマンホール目地を短時間に耐震構造にする目的で開発された非開削耐震化工法です。
レベル2地震動の際に目地開きが発生しても外水圧0.1MPaに耐える水密性能を有する事ことで(公財)日本下水道新技術機構より、2005年以降現在まで建設技術審査証明を継続取得しています。
また、マンホール目地に施工・設置することにより、レベル2地震動相当の荷重がマンホールブロックの横ズレ方向に作用した場合の対策工法にも有効です。

用 途
  • マンホール目地の耐震化
特 徴
  • 継手部の耐震化を図り、止水性能に優れる:ステンレススリーブとゴムスリーブの追従性を高め、マンホール継手部をレベル2地震動に耐える水密性能を発揮します。
  • 耐久性に優れる:工場生産のステンレススリーブとゴムスリーブは品質が安定しており、設置時に水の影響を受けることなく、設置後も経年劣化や化学物質に対して長期の耐久性があります。
  • 施工性に優れる:3分割のステンレススリーブは、大断面であってもマンホールからの材料搬入を可能にし、人孔内での組み立て設置が容易で、短時間に確実な水密性を発揮します。
  • 追跡調査が容易である:全て認識番号が刻印されているので、施工後の追跡調査(トレーサビリティー)が容易にできます。

page top▲