耐震対策

マグマロック工法(φ800 ~φ3500)

概 要
耐震性を有しない既設管渠や、既設を短時間に耐震構造にする目的で開発された非開削耐震化工法です。
既設管渠と管渠の差込み継手が耐震検証の結果、耐震基準を満足できないような場合、マグマロックを施工・設置することにより、レベル2地震動で発生する水平方向や、屈曲による抜け出しに対して水密性能を維持できる耐震化工法です。
3分割ステンレススリーブと固定金具方式を組み合わせることにより、既設の中・大口径管渠を、レベル2地震動に耐える耐震構造に改善します。 ※管径φ3100以上は4分割

用 途
  • 管渠と管渠の継手部(円形管)の耐震化
特 徴
  • 既設管渠の耐震化を図り、止水性能に優れる:ステンレススリーブとゴムスリーブの追従性を高め、既設管渠継手部をレベル2地震動に耐える水密性能を発揮します。
  • 耐久性に優れる:工場生産のステンレススリーブとゴムスリーブは品質が安定しており、設置時に水の影響を受けることなく、設置後も経年劣化や化学物質に対して長期の耐久性があります。
  • 施工性に優れる:3分割のステンレススリーブは、大断面であってもマンホールからの材料搬入を可能にし、流水状態での組み立て設置が容易で、短時間に確実な水密性を発揮します。
  • 追跡調査が容易である:全て認識番号が刻印されているので、施工後の追跡調査(トレーサビリティー)が容易にできます。

page top▲

マグマロック工法mini・NGJ(φ200 ~φ700)

概 要
管径φ700以下を対象に耐震性を有しない「既設管渠とマンホールが接続する管口部」の耐震化を目的に開発した非開削の耐震化工法です。
マンホールと管きょの接続部が可とう性を有する構造となっていない既設管路施設の場合、当該の接続部は半剛結の状態であることから、地震時に大きな荷重を受けた際この部分に円周方向のひび割れや破損等の被害が集中することが知られています。
本工法は、本管とマンホールの接続部に予め切削溝(目地)を設け、ミニマグマを設置し、ここに地震時の応力を集中させることで目地にひび割れを誘導し、その衝撃吸収効果により接続部の損傷を防止する工法です。
目地に沿ってひび割れが発生した箇所には、予め取り付けたミニマグマが管内への地下水や土砂の流入を防止します。
また、施工時には既設管渠が流水状態であっても、水深が呼び径の25%以下であれば確実に設置出来る、マンホールと管きょの接続部を対象とした耐震化工法です。

用 途
  • マンホールと管渠の接続部(円形管)の耐震化
特 徴
  • 管径φ700以下の既設管きょとマンホールが接続する管口部を耐震構造に改善します。
  • 誘導目地の設置作業をはじめ、マンホール内で全ての作業が行えるので、地上での作業はありません。
  • 誘導目地は、管の厚さの一部を残して切り込むため、施工時に地下水や土砂の浸入はありません。
  • 管内が流水状態であっても、短時間に確実な施工ができます。

page top▲

マグマロック工法NGJ(φ800 ~φ3000)

概 要
管渠継手部の耐震化として開発されたマグマロック工法は、レベル2地震動による抜け出しにも耐える水密性能を発揮する耐震化工法です。
本工法は、本管とマンホールの接続部に予め切削溝(目地)を設け、マグマロックを設置し、ここに地震時の応力を集中させることで目地にひび割れを誘導し、その衝撃吸収効果により接続部の損傷を防止する工法です。
目地に沿ってひび割れが発生した箇所には、予め取り付けたマグマロックが管内への地下水や土砂の流入を防止します。
また、施工時には既設管渠が流水状態であっても、水深が管径の25%以下(最大水位40cm)であれば確実に設置出来る、マンホールと管渠の接続部を対象とした耐震化工法です。

用 途
  • マンホールと管渠の接続部(円形管)の耐震化
特 徴
  • 耐震性能を有さない管渠とマンホール接続部を耐震構造に改善します。
  • 中・大口径の管渠でも、φ600のマンホール口環口から全ての資機材が搬入でき、全作業が管内で施工できます。
  • 誘導目地の設置作業は、管の厚さの一部を残して切り込むため、施工時に地下水や土砂の流入がありません。
  • 管内が流水状態であっても、短時間に確実な施工ができます。

page top▲