会社情報

  • 沿革

    国土建設の一翼を担う半世紀の実績

    当社は、1958年(昭和33年)東京都台東区に資本金125万円で「東亜グラウト工業株式会社」として設立されました。
    創立当初は東亜式グラウト工法として、セメントの注入や空気吹きつけによる
    各種建造物の補強や漏水防止、築堤隧における軟弱な地山の硬化、道路路盤の補強修理、
    さらに薬液注入による軟弱地盤の強化、農地の土壌改良などを主として営業活動を行ってきました。
    その後各種の新技術や工法の研究開発を重ね、数多くの施工実績を残してきました。
    当社は今後とも、理想的な生活環境の創造に精力的に取り組んでまいります。

    • 1958( 昭和33年)
      6月
    • 東京都台東区西黒門町23番地に資本金125万円で「東亜グラウト工業株式会社」を設立
    • 1972(昭和47年)
      9月
    • 新東亜工業株式会社と合併/本社を移転
    • 11月
    • 福岡営業所を開設
    • 1976(昭和51年)
      9月
    • 仙台営業所を開設
    • 1977(昭和52年)
      11月
    • 福岡営業所を福岡支店に名称変更
    • 1980(昭和55年)
      7月
    • 札幌支店を開設
    • 1981(昭和56年)
      2月
    • 広島営業所を開設
    • 3月
    • 東京支店を開設
    • 1985(昭和60年)
      11月
    • 大阪営業所を開設
    • 1992(平成4年)
      2月
    • 埼玉営業所を開設
    • 1993(平成5年)
      12月
    • 新潟営業所を開設
    • 1996(平成8年)
      4月
    • 大阪営業所を大阪支店に名称変更/広島営業所を広島支店に名称変更
    • 2001(平成13年)
      11月
    • 名古屋営業所を開設
    • 2006(平成18年)
      4月
    • 名古屋営業所を移転し中部営業所に名称変更
    • 8月
    • 本社ビルが竣工し、本社を東京都新宿区に移転
    • 2009(平成21年)
      8月
    • 豊橋営業所を開設
    • 2010(平成22年)
      4月
    • 札幌・仙台・大阪・広島・福岡支店・高松営業所を北海道・東北・関西・中国・九州・四国支店にそれぞれ名称変更
    • 2011(平成23年)
      4月
    • 首都圏支店を開設
    • 10月
    • 浦安技術センターを開設
    • 12月
    • 浦安営業所を開設
    • 2012(平成24年)
      4月
    • 中部営業所を中部支店、新潟営業所を北陸支店に名称変更
    • 2015(平成27年)
      3月
    • ジャパン・レジリエンス・アワード2015(第一回)にて「強靱ワイヤーネット工の施工による防砂・減災」が優秀賞を受賞
    • 2016(平成28年)
      3月
    • ジャパン・レジリエンス・アワード2016にて「ヒートライナー工法」が優良賞を受賞
    • 3月
    • (公財)日本下水道新技術機構より「アルファライナー工法」の審査証明を受領
    関連会社情報
    • 1990 (平成2年)
      12月
    • TMSライナー株式会社を設立
    • 1994 (平成6年)
      6月
    • 日本スナップロック株式会社を設立
    • 2009 (平成21年)
      11月
    • 株式会社TMS柔構を設立(東江商事株式会社と株式会社セントクテクノスが合併)
    • 2009 (平成21年)
      12月
    • 株式会社TMS工業を設立

    page top▲