斜面防災事業
斜面防災グループ
本社ビル3階
(東京都新宿区四谷2-10-3)
電話 : 03-3355-5100

国土の3/4 を山岳・丘陵地帯が占める山国日本。変化に富んだ地形のみならず地震、さらには台風や梅雨、大雪など、厳しい自然環境にさらされています。また、近年では宅地の開発が山間部へと広がりをみせ、それにつれて山あいを縫うように道路・鉄道網の整備も進んでいます。東亜グラウト工業は、安全な暮らしを守るだけではなく、自然環境と調和し、経済性・施工性に優れた各種斜面防災・アンカー工法により、落石や土砂災害を未然に防止し、貴重な人命と財産を守り、安全の確保に貢献します。

新工法

NEW リングネット落石防護柵(RXEタイプ)

従来のリングネット落石防護柵(RXタイプ)に新たなメニューが加わりました。
最大3,000kJまでの落石エネルギーに対応可能です。

NEW TFバリア(Tough Fit Barrier)

既設構造物の天端へ簡単に設置することができる新しいタイプの落石防護柵です。
最大200kJまでの落石エネルギーに対応可能です。

工法詳細

NEW LDB-500(Low Deflection Barrier)

支柱強化型の落石防護工で,最大500kJまでの落石エネルギーに対応可能です。
また,柵変形量が1.34m(スパン長5.0m時)で,擁壁上にも設置可能なことから,
道路脇への設置に最適です。

工法詳細

落石対策

リングネット落石防護柵(RXタイプ)

自然環境と調和する高エネルギー吸収型落石防護工で、最大3,000kJまでの落石エネルギーに対応可能です。
NETIS:No.HR-990001-V
建設技術審査証明取得
工法詳細

TXI落石防護柵

落石エネルギー100kJ以下を対象としたエネルギー吸収型落石防護工です。
NETIS:No.HR-990001-V
工法詳細

ハンガーネット

急斜面の上部において大規模な落石の衝撃力を受け止め、ネット内で落石を地表まで誘導する落石防護網で、最大1,000kJまでの落石エネルギーに対応可能です。
NETIS:No.HR-070027-A
工法詳細

RSS工法

防護対象物に近接して設置可能な高エネルギー吸収タイプの落石防護柵で、最大1,500kJまでの落石エネルギーに対応可能です。
NETIS:No.CB-980032-A
工法詳細

TSTバリアー

既設擁壁上に設置可能なエネルギー吸収タイプの落石防護柵で、最大360kJまでの落石エネルギーに対応可能です。
NETIS:No.CB-030027-A
工法詳細

斜面崩壊対策

インパクトバリア

リングネット落石防護柵の技術を応用し、崩壊土砂の捕捉を目的とした斜面崩壊対策待受け工です。擁壁の設置が困難な急斜面に設置が可能で、崩壊土砂の衝撃力は150kN/m2まで対応可能となります。また、最大1,100kJの落石に対応できます。
※写真は自然との調和を図り支柱を着色した事例です。
NETIS:No.HR-070033-A
建設技術審査証明取得
工法詳細

斜面・法面対策

パワーネット工法

耐久性に優れた高強度ネットにより、土砂から岩盤まで様々な斜面表層部の安定化を図る斜面安定工です。 斜面表層の安定以外にも、斜面上の不安定な転石等に対する落下予防が可能です。
NETIS:No.KT-080009-A
建設技術審査証明取得
工法詳細

クモの巣ネット工法

耐久性に優れた高強度ネットとクモ用プレート及び補強材等の組み合わせで比較的小荷重のすべり力を抑止するのり面保護工法です。 斜面全体のすべりに対する設計法は切土補強土工法の考え方を採用します。 劣化した吹付けモルタル斜面の補強にも対応可能です。(写真参照)
NETIS:No.KT-020056-V
工法詳細

PUC受圧板工法

テーパーコーンを採用したPC製受圧板及びセットパイプ、ざぶとん裏込め工と各種グラウンドアンカーを組み合わせて斜面・のり面の安定化を図る工法です。
NETIS:No.KT-010006-V
工法詳細

GET受圧板工法

自然との調和をモットーにダクタイル鋳鉄を使用したリブ構造の軽量・緑化対応受圧板で各種グラウンドアンカー、ざぶとん裏込め工法を併用したのり面安定工法です。
NETIS:No.KT-060002-V
工法詳細

PageTop▲

土石流・流木関連対策

ワイヤネット

土石流・流木を捕捉する透過型砂防施設です。自然環境と共生し、設置時に河床を改変しません。
NETIS:No.HR-030030-A
工法詳細

スクリーンバリア

柔構造物工法は流木対策としても応用可能です。

TAMPOバリア

土石流・流木を捕捉する安全対策工で、応急対策や一時的な避難経路確保などを目的に設置します。
工法詳細

雪崩予防対策

スノーネット

高強度ネットを使用した、フレキシブルな雪崩予防柵です。概ね5.0mまでの積雪深に対応できます。また、500kJまでの落石にも対応可能です。
NETIS:No. HR-130018-A
工法詳細

飛来物対策

高速飛来物バリア

台風、竜巻等による高速の飛来物から施設を守る飛来物防護工です。
網目の異なる高強度ネットとエネルギー吸収装置等を組み合わせ、多様な形状の飛来物を受け止めるシステムです。
工法詳細

津波漂流物対策

海岸防災バリア

津波等による漂流物を捕捉し、漂流物の衝突による人的・物的被害を低減する工法です。車両、係留船舶、木材、物留資料、危険物等様々な漂流物の陸側・海側両方向への漂流を防ぎます。津波に対する多重防御の一工法としても有効です。
工法詳細

アンカー飛び出し対策

ABOXX(エーボックス)

想定以上の力の作用や老朽化によってアンカーが破断した場合のアンカーヘッド飛び出しの衝撃を吸収し、人命や道路交通等の社会基盤の安全を確保します。アンカーヘッドに簡単に設置できるブレーキ装置付の鋼製カバーです。
工法詳細

PageTop▲