土石流・流木関連対策

ワイヤネット

概 要
高強度のリングネットを主索と吊索に接続して、袋状に配置した柔構造体で、土石流・流木を捕捉する透過型砂防施設です。
構成部材が軽量なうえ河床の掘削も不要、しかもコンクリート打設が少なく簡単に架設できるため、砂防施設の建設が困難な場所でも安全性の高い施工を実現します。

用 途
  • 土石流・流木の流下防止
  • 資材の搬入が困難な上流区域や、山間部渓流での砂防施設建設中の安全対策
特 徴
  • リングネットは捕捉物に合わせて変形して荷重を均等に分布・伝達し、吊索に対する耐摩耗性を向上しています。また衝撃緩衝装置により、リングネットに対する衝撃力を緩和しています。
  • 構造部材は軽量で、現地搬入と設置が容易なうえ、コンクリート打設量の低減が図れます。
  • 河床を掘削せず、河床部での作業量が少ないため、施工の安全性を高めます。
  • 構造物背面が透けて見え、景観への違和感が小さく環境面に優れています。

page top▲

土石流・流木関連対策/土石流工事安全対策工

TAMPO バリア

概 要
土石流荷重作用時に、リングネットとエネルギー吸収装置のブレーキリングが変形することで大きな衝撃エネルギーを吸収でき仮設構造物として使用できる柔構造物工法です。

用 途
  • 砂防工事現場の上流に設置し、土石流を一時的に捕捉することで現場作業員の避難時間を稼ぎ、現場作業員の安全を確保することを目的とした使用ができます。
特 徴
  • 部材が軽量のため搬入と設置が容易で、施工期間が短く済みます。
  • 短期間に設置が可能です。
  • 構造物背面が透けて見えるため、景観への違和感が小さく環境面に優れています。
  • 土石流が発生しなかった場合、多くの構造部材は他現場に転用可能です。

page top▲

土石流・流木関連対策/土石流・流木流下防止緊急対策工

土石流・流木流下防止緊急対策工(通称:強靭ワイヤーネット)

概 要
土石流荷重作用時に、リングネットとエネルギー吸収装置のブレーキリングが変形することで大きな衝撃エネルギーを吸収できる柔構造物工法です。

用 途
  • 土石流災害直後に人命を守るための緊急的な対策を目的とした使用(災害関連緊急事業等による砂防堰堤が完成するまでの暫定的な安全対策として使用)ができます。
  • 砂防工事の着工から完成までの安全対策を目的とした使用ができます。
特 徴
  • 部材が軽量のため搬入と設置が容易で、施工期間が短く済みます。
  • 短期間に設置が可能です。
  • 構造物背面が透けて見えるため、景観への違和感が小さく環境面に優れています。
  • 土石流が発生しなかった場合、多くの構造部材は他現場に転用可能です。

page top▲

土石流・流木関連対策/スリット機能向上工法

SDM

概 要
既存スリットえん堤のスリットに設置し、開口部を小さくすることでスリット機能を向上する。

用 途
  • 土石流時のスリットえん堤からの土砂流出を防止
特 徴
  • 高エネルギー吸収型落石防護工に使用される硬鋼線のネットを使用しています。
  • 部材が軽量で、リングネットパネルは分割可能なため、人力での運搬が可能です。
  • 部材は防食加工が施されており、錆の発生しやすい環境下でも設置が可能です。
  • 着手前
  • 完成

page top▲